犬のしつけ

犬のしつけって、どうすればいいのか悩みますよね。

子犬時代は、かわいいから甘噛みしても「ま、いいか」
なんて考えていましたが、
散歩で拾い食いをしてお腹を壊したり、他の犬に吠えたりと
だんだん「可愛い」からって許せなくなってきました。

 

はじめは室内犬として飼っていたのですが、
トイレで粗相をしたり、ペットシーツを食いちぎったりと
トイレトレーニングに慣れるまで、外飼いに。

 

我が家のワンコは、愛嬌のある黒柴犬。
ペットショップでひとめぼれして、3カ月の時にお迎えしました。

 

躾は心配でしたが、子どもを育てたのと同じかな〜と
結構簡単に考えていました。

 

それが、生後4か月ともなると愛嬌がやんちゃに変わり
5か月目を過ぎて半年の月齢の時は、自分が「偉いんだぞー」と言わんばかりに
わがまま放題になってしまいました。

 

特に、飼い主家族にマウント行動をするようになり
※あの「腰ふり」ね

 

犬のばかにされているのかな?と悲しくなってしまいました。

 

躾というと、なぜか英語で命令をするイメージがあって
「Go(ゴー)行け!」とか、「House(ハウス)ゲージに入って!」なんて
適当にやってみはじめたのがこのころです。

 

もちろん、ウゥっと唸るだけで
初めは全然言うことを聞いてくれませんでした。

 

単に言葉で命令するだけでは、犬には分かりにくいのかな?と思い
犬のしつけの仕方をインターネットで検索してみました。

 

英語のコマンドが普通なイメージだったのですが、
犬のしつけに関して先進国っぽいのは、アメリカだけでなく、
ドイツやフランス、イギリスあたりもそうみたいでした。

 

私は見たことがありませんが、海外のテレビでは
有名なドッグトレーナーのやり方などが放送されていました。

 

ただ、過去の番組ですし、
BSやCSや海外放送が見られる人しかダメだったので
Youtubeで動画をちょっと見ただけでした。

 

このユーチューブで、日本にもプロのドッグトレーナーさんが
何人かいらっしゃることを知りました。

 

あと、自分が知らなかった訓練グッズがあることも。
イルカの調教に使われているクリッカーとか、
おやつ、チョークチェーン(首輪)、スプレーとか。

 

これらの道具を使って、しつける方法があることも分かりました。

 

散歩の時のしつけに関しては、遠藤さんという訓練士さんの
しつけ方法で落ち着きました。

 

1歳を過ぎてからは、音で行動を意味づけする
クリッカーを使ってみようと考えています。

 

はじめは、犬のしつけ教室やパピー教室に連れて行きたかったのですが
ちょうど気に入ったクラスが近くになくて行きませんでした。

 

DVDや本など、いくつか購入したのでちょっとした出費でしたが
長期にスクールなどの通うことを考えれば安かったと思っています。

 

トレーナーの考え方ややり方もさまざまですし、
我が子にどの方法が合うのか分からないので、
いくつか焦らずに試してみるといいかなって思いますよ。